Francesca

バンコク フランチェスカ カルトナージュ 生花 フラワーアレンジメント レッスン教室 タイの季節や花 自然を楽しむ

【バンコク生活】日本語を美しく書くために


日本は一段と寒さが厳しくなった今週。タイも乾燥した少し肌寒い風が吹いて、モーターサイ(オートバイタクシー)のおじさんもジャンパーを着こんでいました。ビルのメーバーンの(家政婦・แม่บ้าน)おばさんも、”寒い~(หนาว・ナァ~オ” とマフラーをぐるぐる巻きに首に巻いて腕をさすりながら凍える仕草をしているのに驚きました。


私は半そでのTシャツ一枚でも暑いのに~。一年中暑いのが当たり前の環境で過ごしているタイの人は、ほんの少し気温が下がっただけでも寒いと感じてしまうんですね。ぶるぶる。急な気候の変化に体調を崩しそうです。みなさんも体調には気を付けてくださいね。



そうそう、今日は大量の資料と格闘していました。最近はペーパーレス化やIT技術の進化などによって文字を書く習慣がだんだんと少なくなってきたけど、そうそう最後の年賀状はいつ書いたかな?はるか遠い昔すぎて思い出せません。


普段、文字を書くのは名前(サイン・sign・署名)を書く時くらい。ほとんど文字を書かない生活。すっかり文字を美しく書くことができなくなってしまって~。困ったものです。


先日、お礼の一言を短いメッセージを添えて贈り物をする機会がありました。丁寧に大切なメッセージを送りたい時には、やはり日本製の筆記用具が大活躍です。


普段書き慣れていない文字を美しく書くことのできるボールペンを(筆記用具)使って書きます。”文字を書いていないけど上手になったかも?” 書きやすいのが一番ですね。タイの文房具屋さんにも(B2SさんやOfficeDepoなど)たくさんの種類のペンが売られているけど少々高くてもやはり日本製。



ボールペンのインクは最後まで使い切ることができるし結果eco生活です。またシャープペンシルの芯は絶対に日本製と決めています。折れにくく書き心地がなめらか。製図するときに芯がポキッポキッ折れてイライラすることも少ないので愛用しています。



日本以外の場所で暮らしていると日本のいろいろな物や出来事について”やっぱり日本製・日本って凄いな~”と思うことが本当に多いんですよ。日本では当たり前のことなんだけどね…。



師走の日本での思い出。週末になると慌てて年賀状を書いていました。そしてお鍋がおいしい季節よね。



           
Francesca フランチェスカ では、季節や日々の生活を楽しむためのフラワーアレンジメント レッスン、カルトナージュ レッスンを開催しています。スケジュール等、気軽にお問い合わせくださいね。



           



各レッスンに関するお問い合わせはこちらから⤵
どうぞ気軽にお問い合わせください。

เพิ่มเพื่อน  LINE:ID/@osv8435y  franbkk.3@gmail.com   

www.bkkfrancesca.com